中古バスの売却で後悔しないためには業者の選定がカギ

sale info

中古バスの買取業者を選ぶコツ[高く買取ってもらえるコツも参照]

下取りと買取の違い

下取り

新たに購入する車両の購入費用の一部として充てるために、現在所有している車両を購入する販売店に売却することを指しています。車の傷があれば減額していき下取り価格を決めるのが一般的です。

買取

買取専門店などで、現在の車両を売却して現金を得ることを指しています。中古車を売買している業者やオークションでの価格を基準として買取価格が決定するのが特徴です。

中古バスを高く売るポイント

no.1

複数の業者へ査定してもらう

業者によって買取価格は異なります。安い価格を提示する業者もいれば、高く買取ってくれる業者もいるでしょう。費用の相場を確認するためには、3つ以上の業者へ査定の依頼をすることが、高く売るための一番のポイントです。そうすることで、高く買取ってくれる業者が見つかることでしょう。

no.2

車体をキレイにする

1位に次いで重要なポイントは、中古バスを清潔にすることです。見た目がキレイだと買取業者に好印象を与えることができます。雑巾などで拭いたり、サビなどを取り除くようにしましょう。

no.3

整備する

動作不良や故障がなければ査定額アップの可能性が高まります。そのため、可能な範囲で各箇所の動作チェックをするようにしましょう。整備できる専門業者へ依頼すればベストですが、整備するための費用が高くなる可能性がありますので、無理に依頼する必要はありません。

中古バスの売却で後悔しないためには業者の選定がカギ

バス

専門業者を選ぶ

小型のバスであれば一般的な買取業者でも買取が可能ですが、それ以外のバスは買取を拒否されてしまいます。そのため、中古バスの買取を専門としている業者へ依頼するようにしましょう。

海外とのネットワークを持っているか

日本国内で製造された中古バスは、海外で需要が高まっています。そのため、海外へ販売するルートを持っている業者であれば、少々状態が悪くても売却することができるのです。ホームページに海外へ販売するルートを持っているか記載されていますので、チェックするようにしましょう。

口コミを参考にする

気になっている業者で実際に取引したことがある人が周りにいれば、取引したときの感想を聞いてみましょう。そうすることで、その業者が信頼できるかどうか判断ができます。

広告募集中